涼やかな風

日常と思考、自分語り。ときどき韓国留学を回顧してみたり。

日本のJKに復帰して最初の試験期間を振り返る feat.壁打ちツイート履歴 その2

【前回のあらすじ】

3月上旬、すぅが通う高校では定期考査期間を迎えた。韓国での交換留学を経て約1年ぶりに日本のJKに復帰したすぅは、帰国後3~4回ずつしか授業を受けていない上に試験の出題傾向も掴めていないというハンデに大きな不安を感じながらも、直向きに試験勉強を続けた。そして臨んだ定期考査初日、危うく遅刻しかけたり座席名簿に名前がなかったりというハプニングに見舞われつつも、無事に3科目の受験を終え、少し軽くなった気持ちと足取りでアルバイトに向かっていた。そんな中、先生から1通のメールを受け取り、試験を受ける必要はないという事実を突きつけられて…⁇

 

詳しくはこちら↓

日本のJKに復帰して最初の試験期間を振り返る feat.壁打ちツイート履歴 - 涼やかな風

 

 

 

もう少し早く言ってほしかったぁぁぁ

というのが本音ですが、

浮いた時間を他のことに費やせるので許すことに。

(何様?)

 

バイトまで1時間半ほど余裕があったので、

例の如くタスクをこなすべくスタバに入り、

「スチームミルクTallサイズをソイミルクに変更して

ハチミツも入れてください」

最近お気に入りのカスタマイズでオーダー。

(本当に美味しいので皆さんスタバにGoGo)

 

そうそう、

このとき推し店員さんができたんですよね。

 

f:id:pplu_szleaves:20210313014017j:image

まぁそういうことです。

 

イケメンハ私ヲ救ウ

 

背高い!

細い!

けど肩幅広い!

奥二重!

肌白い!

マスクしてるけど分かる、

超タイプ!!!!!!!!

 

この店員さんが

ドリンクを作ってくださったんですけど...

 

どタイプ過ぎて直視できない()

 

私、可愛いので、

「ハチミツどのくらい入れますか」と聞かれて

「い、いっぱい...入れてください...」

俯きながら答えました、

私、可愛いので。

 

私がオーダーしたのはスチームソイミルクだったんですけど普通のミルクで用意してしまったようで「あ、ソイミルクだった(照れ笑い)」みたいな感じでつぶやいて私のことチラ見してから作り直してくださってその後「このカスタマイズ、お好きなんですか?」『本当はコーヒーが大好きでいつもコーヒー頼んでたんですけど、最近胃の調子が悪いので...』「そうなんですね、好きなの飲めないの辛いですよね」『はい、辛いです泣』みたいな会話をしました幸せでした(ここまで一息)

 

幸せに浸っていたら、

タスクをこなす間もなくバイトの時間に。

 

バイト...

何したっけ...

どんな感じだったっけ...

 

他の日のことは思い出せるのに、

この日のことは本当に全く思い出せない(笑)

 

帰宅後、

翌日のTo Do Listを作成しながら

「そうだ、“花束みたいな恋をした” 観に行こう」

と思い立ち、

インターネットでチケットを即購入。

 

ずっっっっっっっと観たかったんですよね〜、

この映画(と菅田将暉)。

 

状況が状況なので流石に躊躇っていたのですが、

公開から日もだいぶ経ちましたし

平日の昼間なら人も少ないはずなので、

観に行くならこのタイミングしかないのでは?!

 

と、いうことで!

 

いよいよ明日は

すぅ、花束みたいな恋をする⁉︎

の巻です(パチパチパチ~)

 

 

 

3月4日(木)

 

9時に起きて、

録画してあったボス恋の8話を観ながら

朝ごはんを食べる。

 

なんて優雅(?)な朝なんでしょう。

 

定期考査という存在が

どれほど私の心と生活を圧迫していたか、

改めて分かりました。

 

準備を済ませ、

花束みたいな恋をしに映画館へ。

 

1年ぶりの日本の映画館...!!

f:id:pplu_szleaves:20210313021941j:image

(上映ギリギリに着いたくせに写真はしっかり撮る)

 

まだご覧になっていない方もいらっしゃると思うので

あまり多くは語りませんが、

 

とりあえず

泣きました。

 

それはもうぼろぼろと。

 

いや、ね、

タイトル(と菅田将暉)に惹かれただけなので

作品の概要も全く知らない状態で観たんですけど、

 

良い!良い!菅田将暉良い!!!

え!え!えぇ?!(困惑)

あぁ...なるほど、そういう展開ㅜㅜ

なんでそうなるかなぁ(溜息)

うっうっうっ(号泣)

 

みたいな(みたいな)

 

たとえ避けられない終わりがあるとしても

菅田将暉と花束みたいな恋をしたい人生でしたね、

はい。

 

映画を観た後は、

例の如くスタバで時間を潰して

バイトして、

あっという間に1日が終了。

 

 

 

ここで、

皆さんに謝罪しなければならないことがあります。

 

飽きました、

何したか忘れました。

 

性格出ますね〜

 

と、いうことで、

この辺で終わりにしたいと思います(^○^)

 

続きはないです。

 

アンニョン